奏者になるために

最近話題の水晶の楽器「クリスタルボウル」

最近話題の水晶の楽器「クリスタルボウル」
クリスタルボウルには不思議な癒しのパワーがあります。
たとえば、よく眠れないという人が演奏を聴いて、いつの間にか眠ってしまったということも珍しくありません。
しかし、クリスタルボウルは演奏するのが難しいという難点もあります。
演奏者の状態がダイレクトに波動に乗って伝わってしまうからです。

正しい演奏法は誰でも学べば可能です

養成講座にての練習風景人間の精神的構造と肉体との関係・仕組みを学び、自分自身への癒しを体験し、正しい姿勢、正しい打ち方(音の出し方)、不協和音と協和音の識別区別、エネルギーの出し方を学ぶことです。
さらに、美しい繊細な音を出せる演奏者になるには、ボイス(トーン)の調整、リズム感、楽譜の作り方、宇宙の 7 つの光線の知識と活用法、霊的エネルギー調整、魂の浄化などを学ぶことも大切です。

演奏時の演奏者の精神状態は、ストレートにクリスタルボウルに伝わるので、それによる影響が身体におこったり、体内の毒素を増幅させてしまいます。また、演奏の順番も関係しています。
ですので、奏者の心の在り方・演奏の仕方が、とても重要です。

演奏後の効果の持続性は、正しい演奏が出来た場合、個人差がありますが、大体3日間です。
心や身体を正常にするには、3日に 1 回くらいのペースで聴くと、定着してきます。

演奏に重要なチャクラ開花とは?

チャクラの説明図精神的なエネルギーの調整をしているスポット、チャクラ。
チャクラは身体の脊髄の中にあります。奏者は、これを開花する必要があります。
以下が、7つのチャクラの場所です。

  • 第1チャクラ:尾てい骨
  • 第2チャクラ:おへその下3センチ
  • 第3チャクラ:胃の上、みぞおち
  • 第4チャクラ:胸
  • 第5チャクラ:喉の辺り
  • の脊髄の中に5つあり、
  • 第6チャクラ:前頭前野(眉と眉の中心)
  • 第7チャクラ:頭頂部
合計 7 つあります。

その中で、宇宙の光を取り入れるところは、第6チャクラ:前頭前野です。ここから、各チャクラに正しい振動を伝達します。それには、第6チャクラが開花している状態*を常に作ることが必要です。

「チャクラが開く」ということは、聞き手のこころや身体をプラスに変えていくことです。
さらに もっと上達すると、宇宙の7つの光線を自由に降ろすことができるようになります。こうなると、場の空気がクリーンで軽くなり、魂を浄化したり、ネガティブなエネルギーを一掃できるようになります。

このように、学ぶ段階を追うごとに、上達できる楽器です。

*第6チャクラを開花させる「本質に目覚めるヒーリング」というものを、日本ヒーリングセラピー研究所で提供しています。

クリスタルボウル養成講座の各コースについて

第1ステップの初級コースでは、「正しい音色の出し方」をまず学びます。当協会のサウンドヒーラー養成コース初級では、2日ないし3日間かけて、「正しい音の出し方」を徹底指導。習得していただくコースとなっております。
初級では、そのほか、チャクラと心の関係などを学びます。

第2ステップの中級コース(3日間)で、様々な音の出し方( ロウ・フラット・ハイの3 種類)、その音がどのように身体に影響を与えるのかを学び、自分自身の内面の癒し、個人カウンセリングでのクリスタルボウルの活用方などの技術を習得していただきます。

最終ステップの上級コース(4泊5日)で、さらに様々な音の組み合わせ方、楽譜の記号などを伝授。
クリスタルストーンの使い方と癒し方、その曲(演奏)がクライアントのチャクラにどのように影響を与えるのか、その心理を学び、実際に皆で作曲にチャレンジ、検証します。

※【初級】【中級】は、東京・九州地区にて随時開講中です。
   詳細日程等は各ページにてご確認下さい。
   →養成コース一覧ページへ

当協会認定会員登録について

上級コース受講後、認定試験合格者は当協会認定会員登録が可能です。(1年毎更新)

登録された方には、下記の特典がございます。

  • 本協会公認奏者証明書発行
  • 新しい楽譜進呈
  • 全国コンサート情報
  • 新しい知識や情報の連絡
  • 演奏者同士の交流
  • 個人演奏会の当ホームページでの宣伝
  • 演奏やクリスタルボウルに関して解からないことなどご質問への回答、など

さらにクリスタルボウル演奏技術を深めたい方へ

さらに、もっとクリスタルボウル演奏技術を深めたい、養成コースの講師になりたい、などといった方へは、

がございます。
こちらは、人数が集まり次第の随時開催となります。